荒川河川敷

アイドルマスターMAD作品の感想と雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今振り返る物語 - remembrance - 11

第十三話予告。 いつかきっと泣く事になるだろという予感がした。

アイドルマスターremembrance 第十三話予告  hsc



前回の第十一話のラストの引きがあまりにも気になる展開だっただけに
この十三話予告があってほっとした部分がかなりありました。

今振り返ってみれば、美希の覚醒のきっかけとなるあれは美希の成長を描く上では
避けて通れない部分なので、このremembranceにおいてもいつか描かれる可能性はあったんですよね。
でも、当時この物語のあまりの密度に感動しまくっていた私は今の状態であれが描かれるかもなんて
発想は露ほどもなくて、唐突に訪れた時は驚くと同時にさらに感動したのでした。

-------------
十一話ラストでは、急に目前に迫った運命の分かれ道にひどく狼狽した感じの
シホが描かれていました。そしてあの時点ではPにそれを使える事はしなかった。
でも見てる側としてはどうにも気になって仕方がないところですね。
2008/11/23から始まったこのremembranceシリーズの一挙連載の本編としては
ここで終わってましたが、whoPはちゃんとこの予告を用意してくれていました。
その驚く結果を。

予告では明らかに未来が変わっていた(変えていた)サインが描かれていました。



<以下妄想>
懐かしい。
当時あれを見た時に胸に感動で沸き立つものがありました。
もちろん実際の結末は十三話本編が来ないとわからないんですが…。

勝手に妄想してしまう部分があって一人猛烈に感動してしまいまして。。
シホは悩んだ末にPを傷つけない選択をしたんだということ。
そして何より"自分とPを信じた"んだという事。

シホにとってもあの出来事は、自分が大きく変わるきっかけであった事は強く認識しているはず。
なので出来事自体がなくなってしまった時、果たして今の自分でいられるか心底悩んだんだろうなあと。
でもシホは信じたと思うんですよね。


"たとえあの事件がなくたって自分とPは変われたんだと。きっと今と同じ関係を築けるんだと"


と、そこまで妄想した時に今まで見てきたこの物語のテーマがはっきり形になったような気がして
もう嬉しくて仕方がなかったのでした。いつか泣く事になるだろうと。(主に私が)

<妄想終わり>

-------------
WS000690.jpg





<過去の感想>
初見の第一話~第十三話予告まで
初見の第三話

今振り返る物語 - remembrance - 1
今振り返る物語 - remembrance - 2
今振り返る物語 - remembrance - 3
今振り返る物語 - remembrance - 4
今振り返る物語 - remembrance - 5
今振り返る物語 - remembrance - 6
今振り返る物語 - remembrance - 7
今振り返る物語 - remembrance - 8
今振り返る物語 - remembrance - 9
今振り返る物語 - remembrance - 10

  1. 2009/11/15(日) 20:08:03|
  2. ニコマス作品感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<シネ☆MAD 3rdのセカンドトレーラー | ホーム | タイトルなし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://arakawa77.blog35.fc2.com/tb.php/535-08d0934e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author: arakawa77
(当ブログはリンクフリーです)
メール:★→@に変えて arkwview77★yahoo.co.jp

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

マイリスト

ブログ内検索

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。