荒川河川敷

アイドルマスターMAD作品の感想と雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今振り返る物語 - remembrance - 12

第三話。世界がひっくり返った日。

アイドルマスターremembrance 第三話「美希とパラレル美希。」  hsc



2008/11/23のあの時から2ヵ月後にアップされた第三話。
もう第十三話予告までアップされた後、という状態での衝撃の第三話でした。

------------------------

今回まとめて書いているremembrance感想は初見の時を思い出しながら
当時の私が感じた事を思い出しながら書いたものでした。
といいながらも今の自分から振り返った事も混ぜて書いているので、自分で読んでも
本当に当時の感想だったか、それとも今の感想なのかあやふやな部分がありますが。

前回書いた第十三話予告の感想も当時感じた事なのですが、
今改めてこの第三話を見ると、あの予告で随分見当違いのことを妄想してしまったような気分になります。
私は全然わかってなかったのかもしれない。
あの事件が"起きなかった場合の未来"はもうわかってるんだって事が。

WS000704.jpg WS000705.jpg

天を仰ぎたくなる時ってこういう時か。
今までそれを目にして読んだこともあったのに何故わからなかった・・・








-------------------------
第三話をみて。
一話から追いかけてきた状態で、このシリーズを一言で表そうとすると
「Pの試練の物語」かなと思った。
解散の通告を原因に美希が記憶を失ってしまった事を掘り下げて、
Pと美希の関係、ひいてはアイドルとそのPの関係まで描いた物語だと。

そして"主体はあくまでP"であって、P自身が自分に足りない所を探していくんだと。
私は今までそれに全然疑問を持たなかったし、Pの独白や会話を通して納得し
Pがどのような道を進んでいくのかをひたすら追いかけていました。


でも違った。
作者は美希にも同じぐらい大きな試練を背負わせてました。
Pと美希、二人に種類の異なる同じ重さの荷物をどさっと与えて、
さあ、これから二人別々の道を進んで大切なものを見つけてまたここへ戻ってきなさい、
とでもいうような。

うまくいえないのですがPの物語か、二人の物語かって似てるようで全然違いますよね。
主人公はふたりでした・・・。
これまでremembranceに感動しまくってそのシナリオ、構成、演出、全てに驚いた私としては
第三話で明かされた驚愕の事実に、今までわかっていたはずの世界観がひっくり返るような衝撃を受けました。
whoPが…美希に試練を与える……!?

今になってみると、なんとなく判る気もします。
whoPがPと美希の関係を考える上で、この第三話で描かれた「美希への問い」はどうしても避けて
通れなかったのかもしれないなと。
演出の影響もあると思う。でも今まで見てきたどの話よりも、一言一言の言葉が鋭い。
ある意味容赦がないぐらいにストレート。そして深い。

そして第三話にこれを持ってくるという意外性。
この"物語が始まる最初から"whoPは二人同時に試練の道を歩かせていたようです。
むしろ美希の方が先かもしれない。
あえて第三話にすることでそれを教えてくれたのかもしれません。
二人同時にっていう部分が重要な気がします。


------------------------
そんな理由からか、今見るとこの第三話は第一話~第十三話予告までの
どの回とも異なる雰囲気を持っていました。触れたら切れてしまいそうな鋭さがある。
これまで一度もなかった美希の一人称だからなのか、胸に迫るような
テキスト演出のせいなのかわからないけど、その静かな迫力に圧倒されてしまいました。

今までさんざん映画みたいとか、いや映画だとか言ってきましたが、
映画的という意味では一番凄いかもしれない。
ここに辿り付くまでに色んな感動をこの作品からもらいました。
「感動」と一口にいってもその内容は色んな種類がありますが
視聴数は少ないながらもこの時点で一年以上ニコマスを見てきた私にとっても、
初めての感動がこの作品にたくさん詰まっていました。

この第三話にもあった。まさかここまで物語が進んだ状態で根本からひっくり返るような
事実が待っているなんて。。
超展開だけでなく美希の心象風景、文章、テキスト演出、エフェクト、BGMの合わせ方、
全てが異常なほどのクオリティでした。




------------

<過去の感想>
初見の第一話~第十三話予告まで
初見の第三話

今振り返る物語 - remembrance - 1
今振り返る物語 - remembrance - 2
今振り返る物語 - remembrance - 3
今振り返る物語 - remembrance - 4
今振り返る物語 - remembrance - 5
今振り返る物語 - remembrance - 6
今振り返る物語 - remembrance - 7
今振り返る物語 - remembrance - 8
今振り返る物語 - remembrance - 9
今振り返る物語 - remembrance - 10
今振り返る物語 - remembrance - 11
  1. 2009/11/17(火) 01:49:40|
  2. ニコマス作品感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今振り返る物語 - 仲間達と - | ホーム | シネ☆MAD 3rdのセカンドトレーラー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://arakawa77.blog35.fc2.com/tb.php/537-b2d69e5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author: arakawa77
(当ブログはリンクフリーです)
メール:★→@に変えて arkwview77★yahoo.co.jp

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

マイリスト

ブログ内検索

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。