荒川河川敷

アイドルマスターMAD作品の感想と雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

デコちゃんデコちゃん その2

3週間も経ってしまった・・・

デコちゃんデコちゃん その2  弓削P



いつもながらの伊織と美希の楽しくて可愛い会話でしたね。
という通常の感想は後にして、、

美希が頭をぶつけた瞬間、「あ、来るな」という気はした。
たぶん同じように見てた人も何かが瞬時に頭をよぎった人は多いんじゃないでしょうか。
私の場合、出だしの黄緑のタイトルを見た時になんとなくそんな感じの展開がきそうな感覚はありました。
具体的なイメージは全然なかったけど。

前回の「伊織ちゃん伊織ちゃん」の内容があずさ・伊織だったこと、
そしてその内容が超素晴らし過ぎた事もあって、あんな心に染みるエピソードをあっちサイドで描いたのなら
ひょっとして、こっちサイドの話も来るんじゃ!?っていうか弓削Pならきっと書いてくれるよねと。
そんな思考がいつものBGMと「デコちゃんデコちゃん」の黄緑タイトルを見た瞬間に走ったわけです。
組み合わせはみきりつではなく、14歳コンビでしたが
なるほど、いきなり本丸ではなくそっち方面から攻めてきたか、さすが弓削Pにくい演出をする。
14歳コンビは大好物なので全然OK。以前の同組合せエピソードのネタを見事にリフレインさせる
内容で相変わらず頬が緩みっぱなしの可愛らしさですよね。たまらない。
そして例のシーンに至るのである。

昔の美希がほんの少しだけ顔を出しただけなので、作者コメで書かれているとおり
たぶんシリーズを追ってないと確かに???かもしれませんが、私や動画コメにいた仲間達にとっては全く問題なし。

でもまだまだわからない事だらけですね。
未だ詳細の明らかになっていない青雲のエピソード2に当たるお話はずっと気になっているのですが、
今までほとんど語られず遠くのほうから若干匂わせるよなレベルでしか触れられていなかった。
なので記憶を失う以前の美希登場はファンにとって「おおおお!!」と色めくところです。
しかし、ほっっっんの少しだけだったので消化不良もいいところですよ><。あー気になるーーーー

とまあ、そんな状態なので二人のちょっとした会話の端々にも妄想の翼を広げてしまうのです。
まず、お互いの呼び名。
今まで色んなニコマス作品を見てきたせいで、お互いを普通に名前で呼び合う関係という部分にとても違和感を感じますよね。
もちろん嫌な意味での違和感ではないです。

そして下の1コマ。昔の美希が去ってからの伊織の言。

WS001256.jpg


これもときめきのある違和感です。思わず「ほー・・・」と感心?しました。
「友だち」。  「友人」などの少し余所行きの言葉でもなく、「仲間」などの仕事上での言葉でもない。
しかも伊織というキャラが発する「友だち」という言葉。珍しい・・・・
伊織と記憶を失う前の美希ってどういう関係だったんでしょうね。もう今作の感想としてはこれに尽きます。
二人の会話を見ながらそれが一番興味津々でした。

私が14歳コンビが好きなのって単純に二人の漫才チックな掛け合いが好きというもの当然ありますが
もうひとつはまさにこの部分なんですよね。 (私から見て)どう考えても性格の合わなさそう(一般的に見て)な二人が
お互いを認めあった時、美希は伊織を、伊織は美希をどう思ってるのかなとか。どこを好きになったのかなとか。
美希も伊織も好きなだけに、全く似てないこの二人の絆がどこにあるのかとっても気になるのです。
そしてそれぞれの作者さんがそれをどんな風に描くのかがすっごく楽しみ。
以前、二人のそんな部分が描かれてた(描かれそうだった?)作品を見て以来、美希伊織コンビの他にはない魅力に惹かれ続けています。
ああ、エピソード2が見たい・・・

そんなこんなで、後になって弓削Pのさんさんシリーズ後書きを見たら、なんとエピソード2の内容概要が追記されてるじゃん!
こっちはこっちで色々気になって仕方がない記述がありますが、今は控えておこう。。
しかし、今更ながら驚いたのがエピソード2はジャンケン大会のたった4ヶ月前だということ。
あれ・・・そんな直近の出来事だったっけ。リアル時間があれから随分経っているだけに数年前のようにいつの間にか錯覚してました。
そうか作品内ではそんな昔のことじゃないんだな。。アイドル達の年齢を考えれば数年前とかありえないえすけどねw
そして伊織真雪歩は当時の出来事を知っていると。
美希も動画内で真に怒られちゃうとか言ってましたもんね。あの16歳に見えない完璧超人は全てを知ってるのか。そうなのか。
うーーー気になる>< 妄想が妄想を呼ぶこのスパイラル。じりじりしますね。
最後のカウントダウンは動画コメのみんなと同時に思いました。
まさか99Dがこんな所で登場するなんて。って。



後書きページにある美希⇔伊織の相関図がまた興味深い。
作品の冒頭、デコちゃんデコちゃんと呼びかけられた伊織の表情。
この面倒くさげな表情も好きなのですが、もしこれが美希(起)だったら別の表情だったのかな?

0:11
WS001257.jpg
  1. 2011/09/08(木) 02:26:49|
  2. ニコマス作品感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<不自然な○ール PV風味 | ホーム | 4D:4D:44>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://arakawa77.blog35.fc2.com/tb.php/714-b9c9cd43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author: arakawa77
(当ブログはリンクフリーです)
メール:★→@に変えて arkwview77★yahoo.co.jp

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

マイリスト

ブログ内検索

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。